30代で転職を考えている方へ、異業種・未経験からの転職に役立つコンテンツをお届けしています。

30代の転職活動.コム

キャリアコンサルタントに聞いた!!30代での転職に資格は必要?

更新日:

 

30代での転職にあたり、資格の有無を気にしている人がとても多いようですね。

「○○の資格がないと雇わない。」なんて企業もありますが、それが絶対というわけではないです。

30代の転職に必要なのは、資格ではありません。

即戦力です。実績です。

自分のスキルを証明する為の一つの手段として資格が必要なのです。(国の法律で持っていなくては何も出来ない資格は除きます。)

30代の転職はキャリア採用が中心となっています。キャリア採用とは、企業が必要とする経験や知識を持った人材を採用するということです。

一定の実務経験にプラスで資格があるのであれば転職に有利になりますが、未経験で資格があるだけではあまり効果は無いといえます。

しかし、NOと言いながら、ほぼ必須とされている資格もあります。

企業が求める転職に必須な資格

企業が我々30代の転職希望者に求める資格、ほとんどの求人で必須となっているのが

普通自動車免許第一種

車の免許です。これだけは必須としている企業が多く、ほとんどの求人に要普免と掲載されていますね。

他にはさほど資格を求めておりません。特にITや通信業界は資格を重要視していませんね。どれだけのスキルがあるか、そこだけを見ています。

すなわち即戦力ということです。

資格があると有利な業種もある

全体的に見れば、資格を採用条件にしている企業は少ないですが、希望している業種によっては資格があれば尚可という求人もあります。

業務をするうえで今後取得していかなければならない資格は、最低限あった方がいいとしている企業は少なくありません。

こういった業種で、資格があれば尚可と求人にあった場合、その求人は資格がほぼ必須と捉えた方がいいです。

業種 必須、あれば尚可とされる資格
不動産営業 宅地建物取引主任者
製造業  玉掛け・フォークリフト・小型移動式クレーン・ガス溶接
運送業  玉掛け・小型移動式クレーン・フォークリフト
事務系 日商簿記検定2級・3級
飲食・販売・サービスなど  調理師免許・栄養士・旅行業務取扱管理者国内

今挙げた業種は、資格を採用条件のひとつとしている企業が多いです。

特に製造業は、機械操作や重量物を扱うことがあり、資格を必要とするものも多いです。

ただ、未経験で募集をかけている企業もたくさんあるので、資格がなければ無理という事でもないですね。

実際、私は30代未経験で製造業に採用されています。必要な資格も、入社後に会社負担で取得させてもらいました。

キャリアコンサルタントが言う「資格は意味ない」

私は、キャリアコンサルタントを利用した事があるのですが、その際に資格など30代の転職にはほぼ必要ないと言われました。

大事なのは、記事の最初でも言った即戦力とのことでした。

自分の今までのキャリアが、希望としている職種にプラスになるのか、それとも全然プラスにならないのか。そこが最も重要視されるようです。

その為、30代で転職をするのなら、今までのキャリアを活かせる業種に転職することが、転職成功への近道だと教わりました。

今から資格を取得して転職活動をしても、実務経験が無い30代を、資格を理由に企業が採用することは現実問題として考えにくいようです。

資格は転職の決め手にはならない

インターネットなどで調べると、転職に有利な資格などとよく出ています。

自身の転職活動の経験ですが、個人的にはそれを取得したところで転職が有利に働くという事ではないと考えています。

先ほども言いましたが、私は未経験で資格がなくても優良企業に転職できましたし、もし資格を取得しても、実務経験が無いんじゃ無理だと企業に断られた経験もあります。

希望職種がはっきりしていて、その職種が資格がないと採用されないのであれば話は別ですが、そうでないのであれば資格はあくまでも自己PRの一つとして捉えておけばいいのではないでしょうか。

 

 

-転職前に知りたいこと

Copyright© 30代の転職活動.コム , 2022 All Rights Reserved.