30代で転職を考えている方へ、異業種・未経験からの転職に役立つコンテンツをお届けしています。

30代の転職活動.コム

30代で転職を決意!内定をもらうには何社の企業と面接が必要?

更新日:

「30代の転職って、簡単じゃないよな。何社くらいの企業と面接すれば良いんだろう、、」

転職を決意したものの、30代では転職先が決まらないのではないかという不安。

なかなか行動に移せないでいる人も多いみたいですね。

32歳、中卒で転職回数7回の私は21社受けて正社員採用されましたよ。

これを少ないと取るか多いと取るかは人それぞれですが、テレビで面接に50社以上落ちてると語っていた就活生の特集を見たこともあるのでそれに比べたら全然少ないですね。

30代で転職するなら面接回数は多くなって当たり前?

別記事でも書いていますが、私は職業訓練校に通った事があり、そこでキャリアコンサルタントを利用した事があります。

そのキャリアコンサルタントは、

「30代でも、自分の経験を活かせる職種であればそこまで悩む必要はない。ただし、未経験となると入れる業界も絞られてくるし面接数も当然の様に増えてくる。」

と言っていました。

私自身経験してますが、30代の転職、そこまで難しくはないですが簡単ではありません。

特別な能力(資格・その道のエキスパートなど)を持っていたり、自分の経験を活かせる同業他社への転職といったキャリア採用であれば、即戦力として評価してもらえるので転職を成功させる確率も高いです。

そして、こういった転職の場合、個人の能力次第では年収が前職より多くなることもありますね。

しかし、私みたいに30代で未経験・異業種への転職となるとその確率はグっと下がります。

そもそもなぜ30代の転職は難しいのか?

30代の転職で企業が求めるものは即戦力です。これまで培ってきた経験を活かして、企業に貢献できるかどうかが重要視されています。

その為、30代で転職を成功させる為には自分のキャリアを活かせる転職先を探すのが一番の近道となっています。

私が利用したキャリアコンサルタントから言わせると、ここを理解せずに、自分の希望だけで転職先を選び応募している人が多いそうです。

だから面接をたくさん受けても仕事が決まらないと。

自己分析と自己理解、これがしっかり出来ていないと正直なところ話にならないと私は言われました。

転職にあたり、私が面接に落ちまくったのは何故か?

結果として私は低学歴でも未経験・異業種への転職を成功させました。

前職よりはるかに良い企業へです。

しかし、冒頭でふれた通り応募企業は21社にものぼります。

記憶が定かではないですが、転職活動の期間は3ヶ月程だったと思います。

もともとの経歴が低学歴の低スペック

詳しくは別記事にて書いていますが、転職活動を始めた時点での私の経歴は、キャリアコンサルタントを唸らせるほどの低スペックでした。

32歳、未経験で異業種への転職を成功させた話

この記事では、サイト運営者である私の転職事例についてお話ししたいと思います。 正直ろくな経歴をもっていないので、転職活動で悩んでいる方はこれを読めば多少気が楽になるかと思います。 中卒、転職歴7回以上 ...

そして、そんな経歴にもかかわらず、自分の働きたい業界優先で仕事を探していました。

「せっかく転職するなら自分で頑張れると思った業界に転職するのが一番いい!!」

今までなんだかんだ転職をしてこれたので、今回も大丈夫だろうという安易な考えをその時は持っていました。

冷静に考えれば、転職歴も多く学歴もない、さらには全くの別業種で働いてきた30代の人間を簡単に雇う企業など中々ありませんよね。

面接対策、書類選考の対策が全然出来ていなかった

これについては、正直考えが甘すぎました。

練習で書かされた履歴書・職務経歴書をキャリアコンサルタントに見せた際に、

「こんな書き方してる30代、どこの会社が採るの?採用するメリットある?」

と、呆れながら言われてしまいました。

確かにそうです。

履歴書・職務経歴書は自分をアピールする為のものです。

企業に対して自分がどう貢献できるか、魅力的な人材であるかを伝えなければいけません。

転職活動において一番大事な事にもかかわらず、私はここへの意識が正直かなり低かったです。

事前の面接対策はしっかりとやっておかなければいけませんね。

私の場合、公共職業訓練の学校内常駐のキャリアコンサルタントだったので、けっこうきつめの口調で色々言われましたが、実際のキャリアコンサルタントはこんな上から目線ではありません。

 

内定が決まるまでの平均面接数は10社以上

私がキャリアコンサルタントから聞いた事ですが、30代未経験で転職するとなると、最低10社以上で面接を受ける覚悟は必要と言われました。業種によってバラつきもありますが、それが平均数のようです。

これを多いと感じてしまう場合、転職はやめておいた方がいいかもしれません。

ですが、以前と違い今は転職サイトや転職エージェントを利用してネット上で簡単に応募ができますし、履歴書もパソコンで作っておけば後はコピーするだけです。

応募する事だけでいえば簡単に何社でも応募できてしまいます。

転職への気持ちが強いのであれば、こういったサービスを利用しながら

「まずは10社応募してみるか」

という気持ちで転職活動をスタートさせてみてはいかがですか?

 

 

 

-転職前に知りたいこと

Copyright© 30代の転職活動.コム , 2022 All Rights Reserved.