30代で転職を考えている方へ、異業種・未経験からの転職に役立つコンテンツをお届けしています。

30代の転職活動.コム

30代未経験でIT業界への転職を成功させるには?

更新日:

30代で心機一転、IT業界への転職を考えている人は意外と多いようですね。

そんな30代が一番気になる事といえば、

30代でも未経験でIT業界に転職できるか!?

という事ではないでしょうか。

そして、結論から言うと、IT業界への転職は可能です。

ただ、相当の努力が必要です。

異業種への転職で人気なIT業界

30代の転職希望者に人気のあるIT業界。選ぶ理由はこんなとこでしょうか。

  • なんかカッコいい、エリートっぽい。
  • 自分で技術を身に着けたい。
  • 実力主義の仕事に就きたい。

たぶん、ほとんどの希望者がこんな単純な理由でIT業界への転職を考えています。

そういう私も、飲食業からIT業界への転職を考えている時期がありました。理由は、なんかカッコいいからです。

私の場合、そもそも経歴がアウトなので、実力主義の仕事に就くしか無いという事も理由としてありました。結果的に製造業に転職することとなりましたが。

資格、学歴なんか関係なし!技術があれば可能性はあるIT業界

IT業界実力主義です。いくら高学歴だろうと、プログラマーになりたいのであればプラグラミングが出来なければ戦力にはなりません。

逆を言えば、技術さえ身に着ければ前職のキャリア関係なく活躍できます。

IT企業の社長が、実は中卒だったなんて事も普通にあります。

最初にも言いましたが、それには相当の努力が必要ですが。

ちなみに、私はその努力の道中で挫折したくちです。

元IT業界経験者に聞いた!未経験で転職成功する為の3つのコツ

他の記事でも書いていますが、私はキャリアチェンジの為、職業訓練校に通っていた時期があります。プログラマー志望のコースで、C言語やJAVA言語といったプログラミング言語を勉強します。

訓練校には未経験者だけでなく、他の言語の経験者(業界経験者)も数名いました。そして、その人達から教わった未経験から転職する為のコツがとても参考になったので紹介します。

これはあくまでも体験談での話なので、絶対にそうだという事ではありません。ただ、私個人としては的を得ていたアドバイスだと感じましたし、訓練校の担任も全く同じことを言っていました。

まずはスキルを身に付ける事が第一優先

皆が口を揃えて言った事、それはプログラミングスキルを身に付ける事を最初に考えなければならないという事でした。

どうゆう事か?

次を最後の転職にしようと思い、未経験でIT企業へのキャリアチェンジを狙うのはあまり現実的ではありません。

理由は、企業にとって30代で未経験の人を採用するメリットが特に無いからです。

なので、応募先企業を選ばず、未経験で入れそうな企業があればどんどん面接を受ける。

そしてスキルを身に付け、そこからまた転職活動をした方が可能性が広がります。

勤務可能エリアを限定しない

転職にあたり、通勤距離はかなり重要になってきますが、未経験でIT企業への転職を目指すなら勤務エリアは選びすぎない方が転職成功への確率が高まります。

これは地方在住の人に特にあてはまる事なのですが、基本的にIT企業は都市部に多い為、地方へ行けば行くほどIT関連の求人は減ります。

そして、地方のIT企業は未経験でのプログラマーの採用は中々ないので、自然とIT企業へ転職出来る可能性が低くなります。

都市部集中については、以下のサイトの記事でも触れられています。

東京への一極集中、地方からITエンジニアがいなくなる

家庭持ちの人などには難しいかもしれませんが、可能性を広げるためにはなるべく広い範囲で仕事を探した方が良いです。

人材派遣会社での就職も検討する

IT企業、プログラマーへの転職を目指す場合、最初から正規雇用で仕事を探すとなると簡単ではありません。

未経験でIT業界にチャレンジしたいのであれば、入り口を広く設け、とにかく早く仕事に就くことが一番です。

人材派遣会社では正規雇用の求人に比べ、遥かに未経験での募集が多いです。

最初の何年かはスキルを身に付ける事を考え、その後、正規雇用での再就職というプランを選択するのも全然有りです。

プログラマー志望で職業訓練校に通っていた同期の何人かは、まずは人材派遣会社を利用してIT企業に就職する道を選んでいました。

私がプログラマーに就こうと思い職業訓練校に通っていたときは、これらを参考にして転職活動をしていました。どこの施設でもあるのかはわかりませんが、私が通っていたところは企業からの指名求人があり、登録プロフィールで勤務エリアを広くしておくと、実際に未経験でも普通にオファーが来ました。

ほとんどが人材派遣ばかりだったものの、車で1時間圏内で限定している人に比べ倍近く差があったと記憶しています。

結局、途中で自分には耐性が無いと諦めて別業種への再就職となったのですが。

ちなみに、職業訓練校に通ってプログラマーを目指すのは経験上やめた方がいいです。市販テキストをなぞっていくだけの訓練で、実践的なものはほぼありません。自分で空いてる時間使って勉強した方が効率はいいです。

IT企業の未経験求人を見つけるには?

私がIT企業プログラマーへの転職を目指している時に活用していたのは職業訓練校の指名求人だけではありません。

ハローワークの求人や、転職エージェントといった転職をサポートしてくれるサービスも利用してました。

転職エージェントを利用するのなら、IT関連の求人に強いところを選んだ方が良いと思います。

特に、転職エージェントは履歴書作成の指導や面接に向けたアドバイス、今後のキャリア形成の為のサポートを無料でしてもらえるので利用する価値は十分にあります。

条件を限定し過ぎずに転職活動を行うのが◎

今の仕事への不満、将来の不安を理由に転職を考えているわけですから、仕事を選ぶのは当然の事です。

しかし、30代未経験でIT企業への転職を希望するのなら、記事で述べてきたように入り口は広く設けるべきだと私は思っています。

勿論、それが必ずしも成功に結び付くとは限りません。全然転職先が見つからないかもしれません。逆に過去にすばらしいキャリアをお持ちの方は簡単に転職できてしまったなんて事もあるでしょう。

ただ、基本的には即戦力を必要とされている業界において、30代未経験での採用は厳しくて当たり前です。

いつかは見つかるかもといってのんびり求人を待っているより、入れるところに入ってとっとと必要なスキルを身に付けてしまった方が後にもプラスになると思いませんか?

私がこう思うのはそんな理由からです。

未経験でIT企業への転職を考えている人は、そういった事も考えながら転職活動をてみてはいかがでしょうか。

-IT業界への転職

Copyright© 30代の転職活動.コム , 2022 All Rights Reserved.